転勤で単身赴任のため

単身者の引越理由でも、転勤での引越の場合は何回も引越の経験をしている方もいると思いますし、先輩や同僚の経験を聞いていて、引越費用も安く納める方法も充分ご存知だと思います。
引越料金を安くする方法も、引越のときの失敗体験も色々あるかもしれません。

 

安く上げようと友人知人を頼んで引越をしたら業者に頼む以上にお金がかかってしまったとか、単身者だから荷物が少ない体以上だと思っていたら想像以上に大変で、自分も大変だったけれどお手伝いに来てくれた人たちにも大変な思いをさせてしまったと後悔をしている人も多いようです。

 

また、引越の時に気を付けなければ電化製品です。
パソコンはもちろんのこと、冷蔵庫の取り扱いには特に注意が必要です。
中の氷は完全に溶かして水気はしっかり抜いておかなければなりません。
そして冷蔵庫を運ぶ際に横にして運ぶのは厳禁です。
引越が終わって電気を入れたら氷が作れなくなっていたというケースもあります。

 

そして、その冷蔵庫には後日談があるのですが、1週間ほどしたら氷ができるようになり喜んだところが、その氷には水垢のようなものが溜まっていたそうです。
そして他にも冷凍でない場所が冷凍になったり、冷蔵庫の機能を果たさなくなってしまったといいます。

 

そして、冷蔵庫に関してはさらにまだ後日談があるのですが、次の転勤の時の業者さんは「冷蔵庫は横にして運ぶこともあるので、引越が終わっても2時間ぐらいは電源を入れない方がいいですよ。
冷蔵庫を動かすことで本来冷蔵庫の下に溜まっているガス動いているので、そのときに電源を入れることで冷蔵庫がおかしくなることがあります。
」と、言ってくれたそうです。

 

このように大事な事を教えてくれれば依頼主も助かりますし、「なんていい業者さんなんだろう」と、業者さんの株も上がりますよね。

気にいった物件が出たから

単身者の引越理由には、「気にいった物件が出たから」というのがあります。
気にいった物件が見つかって、今までよりも快適な生活ができる賃貸マンションへと、簡単に引越せる良い時代になっています。
現在の住まいにストレスを抱えながら我慢をして暮らさなくてもいいのです。

 

近隣トラブルで殺人事件にまで発展しているケースもテレビから流れてきます。
私の住む隣の市で実際に起こった事件では、50代の男性が、トラブルがあったご夫婦を車ではねて死亡させてしまっています。
入り口の堺の問題で20年以上もトラブルが続いていたと聞きましたが、そんな長きにわたってトラぶっていた挙句、片や死に追い込まれ、もう片方は刑務所に追い込まれたのです。
どちらも意地になってしまっていたそうですが、両方共にあまりにももったいない人生になってしまったと気の毒でなりません。

 

考えれば、今のように賃貸から賃貸へと気軽に引越できる生活にはこのような悲劇も生まれませんし、先祖代々続いた土地を不当に扱われたという意地も皆無になってきます。
単身者に限らず賃貸マンションはメリットが大きいように思われます。
過去には持ち家は信用があり、賃貸はあまり信用がないということがありましたが、現在は持ち家か賃貸化はあまり重視されない時代になっています。

 

時代が変わって暮らし方も住まい方も大きく変わっています。
無駄な維持や見栄にとらわれず、快適な住まいを求めて気軽に引越せる時代を謳歌するのも、よりハッピーな人生を送る選択肢の一つと言えるようです。
すでに実践している人がたくさんいるようですが、これから益々増えることでしょう。
引越しの手続きってどうやる?